港公園展望塔は、老朽化により構造物が落下する可能性があるため、2020(令和2)年12月から当面の間利用休止となっております。それに伴い、毎年展望塔にて行われていた初日の出観覧イベントは2021(令和3)年以降開催されておりません。(2022.12.28更新)

施設案内 港公園(平成物産パーク港公園):展望塔の利用休止
(神栖市ホームページ)

※以下の記事は、2020(令和2)年の実施内容となります。

ほぼ日本一早い初日の出を、高さ52mの展望塔頂上で見よう。

鹿島港を一望する港公園展望塔は高さ52m。世界各国からの船舶で賑う国際貿易港を望みます。

展望塔のエレベーターは、展望台まで約30秒で昇り、展望台からは鹿島臨海工業地帯の大工場群が一望できます。

日本一早い初日の出が見られることで有名な千葉県銚子市と神栖市は利根川を挟んで隣接していますので、日の出の時間は「ほぼ」同じ。
(2020(令和2)年初日の出予想時刻…銚子市犬吠崎:午前6:46頃、神栖市東深芝:午前6:48頃)

元日(1月1日)は朝6時より展望塔を開館しますので、高さ52mからの大パノラマで令和最初の初日の出を見ることができます。石油貯槽タンク群から立ち昇る幻想的な初日の出をぜひご覧下さい。◎神栖市役所HP『港公園展望塔で初日の出を見よう!』

※展望台は定員30名のため、定員を超えた場合は展望塔管理棟2Fの屋上部分からの観覧(無料)になりますのでご了承ください。

※展望台頂上部分・管理棟屋上は屋外となりますので、防寒対策を十分に!

また、2019(令和元)年12月2日~2020(令和2)年1月5日は期間限定で港公園展望塔ライトアップが日没~午後9時ごろまで行われていますので、そちらも合わせてお楽しみ下さい。

詳細情報

開催地茨城県神栖市東深芝10
お問い合わせ港公園管理事務所
TEL 0299-92-5155
展望塔開館時間≪1月1日のみ≫
午前6時00分~午後5時

≪1月3日以降≫
午前8時30分~午後5時
※2019年1月2日(水)は休館日となります。
展望塔利用料金大人200円、小人(中学生以下)・70歳以上100円、障害のある方は無料
【団体料金(20名以上)】大人160円、小人80円
※1階の管理棟は入場無料です。
展望塔休館日毎月第1水曜日(祝日の場合は翌日)
※2020年1月は2日(木)が休館日となります。
年末(12月29日~31日)
駐車場124台(大型バス12台)
アクセス(車)東関東自動車道 潮来ICから約20分
(電車)JR鹿島線鹿島神宮駅
※最寄駅からタクシー15分程度
関連リンク平成物産パーク 港公園について(茨城県ホームページ)
施設案内 港公園:展望塔の利用休止(神栖市ホームページ)

その他の『イベント』情報

イベントページ
防災公園での様子
かみすフェスタ2023&消費生活展

ここが見どころ 地元の特産品紹介やイベントが盛りだくさんの『かみすフェスタ』と、消費者に役立つ情報を学びながら様々な体験ができる『消費生活展』を同時開催! コンビナート企業や各種団体などのブースが立ち並び、各企業の製品や […]

イベントページ
神輿を担いで、賑る人
大潮祭

手子后神社より、2023(令和5)年の大潮祭の日程は7月29日・30日に開催されるとの連絡がありました。(2023.6.1掲載) ※以下、2019(令和元)年度の紹介記事となります。 ここが見どころ 神栖市波崎地区の氏神 […]

イベントページ
ビーチレースの様子
2024 神栖市2輪ビーチレース大会

ここが見どころ 神栖市2輪ビーチレース実行委員会主催の「神栖市2輪ビーチレース大会」が、今年(2024年)は3月17日(日)に神栖市日川浜海岸にて開催されます! 今回で第15回を迎える、関東では非常に珍しい、砂浜を使って […]

イベントページ
息栖神社の節分祭り
息栖神社 節分祭

2024(令和6)年の「息栖神社節分祭」は豆撒式も含め、午後2時より通常通りの節分祭が執り行われます。(2024.1.23更新) ここが見どころ 東国三社の一つである息栖(いきす)神社では、新しい年の除厄招福・弥栄祈願を […]

イベントページ
カラフルな飾り
かみす七夕まつり

2023(令和5)年度の「かみす七夕まつり」は、8月5日(土)・8月6日(日)の日程にて開催予定と、同まつり祭事実行委員会より通知されました。(2023.4.21) ここが見どころ 今年で第50回を迎える「かみす七夕まつ […]

イベントページ
みなと祭り
かみすみなと祭り【中止】

2023(令和5)年度の「かみすみなと祭り」は、前年同様【開催中止】となった旨が、同祭り保存会・浜松行政区より通知されました。(2023.4.28)※以下、2019(令和元)年度の紹介記事となります。 ここが見どころ 令 […]