神栖市観光協会TOP > 観光・レジャー > ゆ~ぽ~とはさき

ゆ~ぽ~とはさき


2021年9月28日(火)、国の緊急事態宣言が9月30日(木)までで解除されると発表がありました。これを受け、当施設は感染症対策を講じた上で10月1日(金)から開館しております。
利用の際は、密を避けるなど基本的な感染症対策の徹底にご協力をお願いします。

また、今後の感染症の状況により対応を変更する場合があります。その際は改めてホームページなどでお知らせします。皆さんにはご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。(10月25日掲載)

施設案内 温浴施設 ゆ~ぽ~とはさき(神栖市ホームページ)

からだにやさしい天然温泉と、くつろぎの空間。

ゆ~ぽ~とはさきは、天然温泉が楽しめる大浴場や露天風呂、サウナなどを備えた日帰り温泉施設で、若松緑地や若松運動場矢田部サッカー場などの運動スポットにほど近い神栖市若松地区にあります。もちろん市外からお越しの皆様も利用できます。

ゆ~ぽ~とはさきのお湯は天然温泉。塩分を含んだ琥珀色のお湯はからだにやさしい等張性です。
等張性とは、体内とお湯の浸透圧がほぼ同じ性質を意味し、からだからお湯への水分移動がほとんど無い、からだに負担のかからないお湯です。
天然の保湿成分「メタケイ酸」を豊富に含んでいますので、つるつる・すべすべのお肌を実感してください。

施設内にはリラックスルーム、カラオケルーム、マッサージ機ルームのほかにも、ご家族や仲良しグループで専有できる個室や、お昼寝コーナー、コミックなどが無料で読める図書コーナー、キッズコーナー、食事やごろ寝もできる大広間といった、くつろげるスペースを随所に用意。
また、無料利用可の運動器具やデスク、ガーデンソファも設置されており、お客様が思い思いの場所や過ごし方でゆっくりできる空間となっています。

受付を済ませて施設内に入ると大きな木彫りのワシがお出迎え。ロビーでは手作り陶芸作品の展示即売が行われていました。
売店での販売も充実しています。ホテルの地下専門店街のようなイメージを目指しているそうで、タオル、歯ブラシはもちろん、食料雑貨や下着、Tシャツ、婦人服、バッグ、化粧品など品揃えが豊富。特に婦人服は人気があり、購入のために来場する固定ファンのお客様もいるほどで、ちょっとしたブティックのようです。
カフェのサービス、お惣菜の販売もあります。

周辺には、若松緑地や若松運動場、矢田部サッカー場などの運動施設があります。
スポーツなどで汗をかいた際には、ぜひ「ゆ~ぽ~とはさき」をご利用ください。


詳細情報
所在地 茨城県神栖市砂山15
問い合わせ先 TEL 0479-46-2424
FAX 0479-46-2414
開館時間 午前10時~午後9時
※最終入館は午後8時30分まで
休館日 ・毎月第1・3火曜日
・年末年始(12月29日~1月3日)
利用料金 【入浴(入湯税及び消費税込)】
一般:620円
70歳以上および中学生:410円
3歳~小学生以下:310円

【6枚綴り回数券(同上)】
一般:3,210円
70歳以上および中学生:2,170円
3歳~小学生以下:1,570円
源泉名 神栖若松温泉
泉質 弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉(等張性)
湯温 42℃(夏) 43℃(冬)
浴場の種類 大浴場、露天風呂、サウナ、水風呂、日替り薬湯
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、皮膚病、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、慢性皮膚病、やけど等
駐車場 無料
アクセス (車)東関東自動車道 潮来ICから銚子方面約35分
(電車)JR鹿島線鹿島神宮駅・潮来駅からタクシーで約35分

(東京方面より高速バス利用の場合)
JR東京駅八重洲南口より乗車。
かしま号:「鹿島セントラルホテル」で下車、タクシーで約25分
はさき号:「波崎工業団地」下車、徒歩約5分
関連リンク ゆ~ぽ~とはさき 神栖市営温泉施設 天然温泉 オフィシャルウェブサイト【公式】
施設案内 温浴施設 ゆ~ぽ~とはさき (神栖市ホームページ)

≪地図≫