山本家住宅【国指定重要文化財】



ここが見どころ

山本家は鹿島灘に近い神之池畔にあり、江戸時代中期以降名主を勤め、地引網漁の網元でもあった旧家です。住宅のはっきりとした建築年代は不詳ですが、手法より見て18世紀前半に建てられたものと考えられています。

寄棟造りで、屋根は茅葺(かやぶき)。間口10間余、奥行き約5間半の南正面東寄りに突出部を付けた曲屋という形式で、正面及び西側面が軒下に張り出した「せがい造り」になっています。突出部のある部分が土間で、奥の方には部屋が設けられています。

この住宅は良質で保存が良く、漁家として国指定重要文化財になっているものは山本家を含めて4件しかありません。現代に江戸時代の漁家の暮らしぶりを伝える貴重な文化遺産です。

建築後、文化11~14(1814~1817)年にかけて大きな改造があり、その後も小改造を重ねていましたが、平成4(1992)年より2年間かけて行われた全面解体修理工事によって、建築当初の姿に復元されました。平成23(2011)年の東日本大震災では津波の被害を受け、床上まで浸水。土壁は削られ建具は流されましたが、家屋自体は倒壊せず、耐えきりました。

建物外観は自由に見学することができます。建物内部を見学する場合は、下記山本家へ電話での事前予約が必要です。

詳細情報
所在地 茨城県神栖市奥野谷4281
見学料 無料
問い合わせ先 (見学予約)山本家 TEL:0299-96-0630
神栖市文化・スポーツ課 TEL:0479-44-6496
アクセス (車)東関東自動車道 潮来ICから約20分
(電車)JR潮来駅・鹿島神宮駅よりタクシーで約25分
関連リンク 山本家住宅(神栖市ホームページ)

≪地図≫